家具 > 木など家具の素材 > 木の家具 > 樺の木の家具

樺の木の家具

上品な風合いと色味を持つ日本古来の「樺」

上品な風合いと色味を持つ日本古来の「樺」

北海道を中心に本州中頃くらいまでに自生する落葉樹です。高さが30mくらいにまでなる大きな木ですから、これらが自生している林に入り込むと、その山と地域の長い歴史を感じる事でしょう。

材質は硬く重い為、建材に使われてきました。加工はそれほど困難ではなく、削った際の肌目が細かく接着性が良いので、家具材にも使われます。

ここでは、その中から、日本の家具でよく使われている木をピックアップして紹介します。

樺の特徴は、やはりそのピンク色をした色合いときめの細かい木肌の質。年輪がはっきりでない事も手伝って、まるで人の美しい肌のような、上品な風合いを醸し出しています。しかし、自生林の為、近年は数が減っており、特に赤みが濃いタイプのものは希少になってきています。この色味の為に、樺は「サクラ」とも呼ばれており、白樺の事を「樺桜」と呼ぶこともあります。樺が桜・・・ちょっと紛らわしいですが、どちらも日本人好みの木のようです。

 

木の仕上げも確認しましょう

自然のぬくもりを感じられるのが木の家具の良いところですが、残念ながら木の板はそのままでは家具としては使いづらいものです。どうしても木の表面に汚れがつきやすく、テーブルなど水がかかる可能性があるものでは、傷みが早くなってしまいます。