家具 > 木など家具の素材 > 木の家具 > ブナ(ビーチ)の木の家具

ブナ(ビーチ)の木の家具

家具のメジャー木材「ブナ」

家具のメジャー木材「ブナ」

日本では東北を中心に広葉樹として最も多く蓄積されています。英語ではbeech(ビーチ)と呼ばれ、アメリカやヨーロッパにも、それぞれ異なるタイプのビーチがあります。

材質としては、重くて硬い一方、曲木加工に適した性質を持ち、家具の他にスキー板などにも使われます。ただし、水分を含んだままの状態では狂いが出やすい材質で、乾燥などの処理をしっかり行う必要のある木材でもあります。

色は、白木に近い薄い黄色から少し赤みを帯びた木の色で、明るい色合いの木が好きな人に適しています。供給量が多く、ベニヤ材にも使われる事から、最もよく見かける、ある意味「木」らしい見た目で、薄い木目に加えて、小さな放射状の斑点が現れます。

 

木の仕上げも確認しましょう

自然のぬくもりを感じられるのが木の家具の良いところですが、残念ながら木の板はそのままでは家具としては使いづらいものです。どうしても木の表面に汚れがつきやすく、テーブルなど水がかかる可能性があるものでは、傷みが早くなってしまいます。

そこで、木の表面に仕上げを行って、水の吸収や汚れを防ぎます。また仕上げ方次第では、木の美しさを引き出す効果もあります。